活動報告

第19回口頭弁論が行われました!

カテゴリー: 活動報告

img_2501*更新が遅くなり、申し訳有りません*

2016年9月12日(月)14:00〜、愛知無償化裁判の第19回口頭弁論が行われました。

傍聴抽選には139名、報告集会には160名を超えるみなさまにご参加いただきました。雨上がりで蒸し暑い中、ありがとうございました!

img_2491img_2500

ミニ学習会ではUSM(ウリハッキョサポートネットメンバーズ)のメンバーが「裁判のキホン」を解説。日頃大学で学んでいる法学の知識をフル活用しました。

続く報告集会では、弁護団の皆さんから、前回、第18回口頭弁論で提出された教育法分野の論点に関する意見書に基づく準備書面が提出されたことや、その準備書面の中でなされている主張が説明されました。この部分の詳細は近日発行いたします「トトリ通信瓦版No.17」に記載いたしますので、しばしお待ち下さい。

今回の報告集会では、フロアからの発言も多彩でした。朝鮮高校無償化裁判支援チャリティコンサート「パッピンスほのぼのライブ」にも出演してくださった愛知県在住のお坊さん〈写真左上〉。京都から駆けつけた、『ヘイトスピーチの法的研究』などの著作を持ち、在特会による京都朝鮮第三初級学校襲撃事件に保護者という立場で関わっていらっしゃる、龍谷大学教授(刑法)金尚均さん〈写真左下〉。岐阜の朝鮮初中級学校のオモニ(お母さん)会前会長さん〈写真右下〉。朝鮮大学校の夏休みを利用して帰省中で、毎週金曜日の文科省前行動に参加されている愛知朝鮮中高級学校の卒業生さん〈写真右上〉。それぞれの立場から、朝鮮学校に対する思い、無償化除外問題に対する怒りや悲しみ、後輩たちに問題を受け継がせてしまっている悔しさ、問題を放置する日本社会に対する危惧をお話しいただきました。

img_2515img_2519img_2509 img_2516

また、4月に愛知朝高に入学したばかりの1年生が社会科の課外授業で口頭弁論と報告集会を見学。初々しい声で校歌も披露してくれました。

img_2528*これからの口頭弁論の予定*

次回(第20回):2016年11月7日(月)14:00〜(13:30〜傍聴抽選)

次々回(第21回):2017年1月16日(月)14:00〜(13:30〜傍聴抽選)

場所:名古屋地方裁判所

※次回、第20回口頭弁論の報告集会場所が決まっておりません。決まり次第、HPやFacebook、Twitterなどでお知らせいたしますので、ご確認ください。