お知らせ

第35回無償化デー(8月19日) 緊急シンポジウム「朝鮮高校無償化裁判で問われる民族教育の権利」 に多くの参加を

カテゴリー: お知らせ

緊急シンポジウム「朝鮮高校無償化裁判で問われる民族教育の権利」を開催いたします。多くのみなさまの集会参加,力の結集をお願いします。

日時:8月19日(土)13時30分~(13時受付開始)
場所:名古屋YWCA 2階 ビッグスペース(名古屋市中区新栄町2-3)
地下鉄「栄」東5番出口より東へ2分
資料代:500円
講師:成嶋隆氏(新潟大学名誉教授・日本教育法学会会長)
※憲法・教育法がご専門。愛知朝鮮高校無償化裁判でも、原告側の意見書を執筆して
くださいました。
愛知無償化弁護団は、在日朝鮮人に認められるべき民族教育の高度な権利性と、日本
政府の主張の不当性を明らかにする重要証人として、成嶋先生の採用を求めています。

愛知の無償化裁判では、下村元文科大臣を初めとする重要証人を採用せず、また朝鮮学校の検証をも拒否し,公正公平な審理を行わない姿勢を明らかにした裁判体を忌避いたしました。また、7月19日には広島裁判で不当な敗訴判決が下されるという厳しい状況において、無償化ネット愛知は、8月19日の集会を緊急シンポジウムとして行うことを決定いたしました。28日の大阪地裁で原告全面勝訴という(当然ではありながら)画期的な判決に,共に勝利の喜びを噛みしめつつも,9月13日の東京地裁の判決がどうなるか予断を許さない状況に喜んでばかりもいられません。愛知の裁判でも,しっかりと勝利を目指してのたたかいを進めていくためには,裁判を支える支援のさらなる拡大・運動体の力の結集が不可欠です。ぜひこの集会へ参加して学び,力を蓄えましょう。

facebookページでも集会案内をしております。 https://www.facebook.com/mushouka.aichi