お知らせ

広島朝鮮高級学校の生徒ら、広島地裁に提訴

カテゴリー: お知らせ

2013年8月1日、朝鮮学校を高校無償化の対象外としたのは憲法違反として、広島朝鮮高級学校(広島市東区)を運営する広島朝鮮学園と、広島朝鮮高級学校の生徒、卒業生計110人が、無償化の適用や約5670万円の損害賠償を国に求める訴えを広島地裁に起こしました。

原告110人は、2010~12年度の卒業生52人と在校生58人です。原告らは、「憲法が定める平等権を侵害された。経済的負担により、民族教育を行う自由を含む教育の自由も奪われかねない」などと主張しています。