お知らせ

東京朝鮮中高級学校の生徒、東京地裁に提訴

カテゴリー: お知らせ

2014年2月17日東京朝鮮中高級学校の生徒62名が国を提訴!

 国が「高校無償化」制度から朝鮮学校を除外していることは違法として、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の高級部生徒ら62名が17日、国に損害賠償を求め東京地裁に提訴しました。

この「東京朝鮮高校生就学支援金不支給国家賠償請求訴訟」は、原告1人対し慰謝料10万円(合計620万円)の支払いを求める国家賠償請求です。

「高校無償化」制度は、当時与党であった民主党の目玉政策として2010年4月に施行されましたが、他の民族学校やインターナショナルスクールに適用される一方、朝鮮学校だけは適用されませんでした。

2012年12月に成立した安倍政権は、朝鮮学校に適用されるはずであった法施行規則の条項(ハ)を削除し、朝鮮学校を不指定としました。このようなあからさまな差別に対し、今回の裁判は、直接の「被害者」である生徒たちが、差別は許せないとして立ち上がったものです。

また、東京朝鮮高校生の提訴に合わせて、「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」が結成されました。

http://mushokashien.blog.fc2.com/

東京の裁判は、名古屋・大阪、広島、福岡(小倉支部)に次ぐ「高校授業料無償化」除外について朝鮮高校生への差別を訴える裁判となりました。

朝鮮高校無償化ネット愛知は、朝鮮高校への高校無償化実現のために、全国の朝鮮高校無償化除外差別を闘う裁判の原告、支援者との協力し、取り組みを進めています。